競売の流れ丸分かりサイトとは

身近にある競売の現実

競売という言葉を大体の方は、聞けばすぐにどういったものか分かってしまいますよね。

もし、自宅がそうした競売にかけられたなんて事になったら大ごとです。

ここまでになる順番としては、何らかの事情で住宅ローンの滞納から始まります。

それからその資金を借り入れした金融機関などから督促状が届きます。

督促状が届くまで数ヶ月は間があいているのですが、その間に支払いの何らかの行動を起こさなければならなかったのですが、督促状が既に届いてしまった時点で、分割払いのローンが出来なくなってしまいます。

分割払いの資格をこの段階ですべて失ってしまうと同じとなり、この後は全額を一括で支払うように要求されてしまいます。

ただでさえ分割も無理な状態なのに全額なんてなおさら出来る訳がありません。

そして、情け容赦もなく競売の申し立てをされてしまいます。

そして、入札が開始され新しい所有者が決まればもう何もできなくなり、そこを立ち退かなければならなくなります。

引っ越しの費用も自分で用意しなければいけませんから、考えると恐ろしい事です。

しかし、なぜ競売になり自宅を手放す事になってしまったかは、それぞれ皆事情があったとは思いますが、こうなる前に何か打つ手はなかったのだろうかと思いました。

ですが、まさかせっかく住み慣れた自宅を出ていかざるを得ない事など予想なんかつきませんよね。

ずっと住み続けるはずだったのですからね。

この競売を避ける方法なんてあるのでしょうか?

それは、計画的にローンを払う事が一番なのですが、その計画自体が予想もつかない事情で崩れる事もありますよね。

その事情は一体どんなものか色々と聞いた話を思い出しました。

まずは会社でリストラにあったり、事故で今まで通りに働けなくなってしまったり、事業が失敗してしまったりと人それぞれあります。

まったく不運としか言えないのですが私が身近で聞いた話なのですが、事業に失敗してしまって借金をかなり抱えてしまった家族が近所にいました。

とても仲が良くて幸せそうに見えていたのですが、突如家から家族がいつの間にか引っ越しをしたかと思えば、売りに出されていました。

今思えば、これが競売の現実なのかと思っています。